出版賞受賞作品

 
2016年度 受賞作 高橋誠一郎 「ゴジラの哀しみ」
北本 豊春 「哲女の散歩道」
候補作 尾関 忠雄 「ねぼすけこねずみ ぷんぷんのプン」
藤木 由紗 「時を織る」
通  雅彦 「甲虫節」
嶋田貴美子 「裸木」
小野村 誠 「希望という日がある限り」
2015年度 受賞作 崎村  裕 「兆民と秋水―自由と平等を求めて」
嶋津 治夫 「一葉探訪」
候補作 佐々木敬祐 「道元・典座教訓の秘密と魅力」
佐々木敬祐 「生活を潤す芸能」
高橋誠一郎 新聞への思い 
正岡子規と「坂の上の雲」
甲山 羊二 優雅なるトマトケチャップ 
一九八四年からの恋
甲山 羊二 「sizuku」
2014年度 受賞作 加奈山 径 「流木」
島永 嘉子 「碧く輝く村の奥へ」
候補作 雨宮 湘介 「四国遍路考」
高橋誠一郎 「黒澤明と小林秀雄」
花輪 兵庫 「今蘇る 太宰治」
原石  寛 「雪女郎」
三上 和利 「神奈川 てくてく歩き126コース」
牛に夢を乗せて 山崎 文男

2013年度
受賞作 沢崎 元美 「市場の先の橋を渡って」
候補作 陽羅 義光 「愚家族」
佐々木敬祐 「社会禪 栽松居士林」
積 緋露雪 「幽閉、若しくは彷徨〈第二部〉」
嶋田貴美子 「流転 第一巻 黎明」
嶋田貴美子 「流転 第二巻 恩讐」
杉本 利男 「畳屋 多々見一路」
石川 友也 「空のある詩 25」
北本 豊春 「湯の町だより」
木村登美子 「フィリピンセブ島の想い出」
山崎 文男 「現代作家代表作選集 第五集」
原子  修 「この星に生まれたいの」
原子  修 「太宰治 母源への回帰」
2012年度 受賞作 森 英津子 「翳」
森 英津子 「環」
菅原 治子 「太宰治を探して」
候補作 山崎 文男 「夫婦」
今村方好子 「裏庭」
北本 豊春 「海の呼び声」
佐々木敬祐 「小倉侍従日記 その疑惑と真相」
佐々木敬祐 「名もなき速記者の遍歴」
瀬川 久志 「世の中が透けて見える方程式」
北渡瀬良彦 「火の国新燃料、川内河童物語」
高橋誠一郎 「黒澤明で『白痴』を読み解く」
奥澤  史 「謎 癒しの生命体」
2011年度 受賞作 崎村  裕 「百年後の友へ  小説・大逆事件の新村忠雄」
候補作 佐藤 章二 「憂国と背理」
松本しづか 「遙かなる道程」
島  有子 「お人形じゃなくて人間よ」
白石すみほ 「干支繚乱/佐用姫物語」
阿部 千絵 「犬の記憶」
有森 信二 「カオス」
2010年度 受賞作 嶋田貴美子 「白壁の家」全三巻
候補作 雨宮 湘介 「夏の月」
小野村 誠 「小さな奇跡ークラス対抗リレー」
小野村 誠 「犬と歩んだ家族の絆」
北本 豊春 「丘の上の小さな世界」
崎村  裕 「三重塔」
沢崎 元美 「セム温泉」
新保  哲 「親鸞ー病・癒し・福祉」
菅原 治子 「夢のお告げ」
通  雅彦 「老残は永遠なり」
古岡 孝信 「オープン・スクール」
2009年度 受賞作 新保  哲 「遊びごころ」
マック あつこ 「Tamago」
候補作 安倍 彩矢 「湯沢物語」
岡野 弘樹 「空気の質」
小林 忠明 「軍神Ⅰ」
三上 和利 「五街道てくてく旅」
山崎 文男 「結婚」
2008年度 受賞作 杉本 利男 「諸志百家〈五〉牛と団扇」
杉本 利男 「遊学三昧」
候補作 尾関 忠雄 童話集「太陽の王子さま」
川島  徹 「生まれ変わった少年」
清松 吾郎 「夏の鶯」「バブルの残照」
中澤  彬 「釜無川」
陽羅 義光 「吉永小百合論」
依田 武勝 「日本史三千年」

全作家各賞へ戻る

 トップページへ戻る