文学党宣言

 

文学党宣言  
全作家協会理事長  陽羅 義光


 一個の妖怪が文学界を徘徊している。すなわち商業主義の妖怪である。純粋かつ本物の、あらゆる文学者は、この妖怪を退治するために、いわば神聖同盟を結ばなければならない。
 作家も詩人も文芸評論家も。出版社も書店も図書館も。アジアもヨーロッパもアメリカも。 見よ。アイドル作家、タレント詩人、ミーハー文芸評論家だけが闊歩している。また見よ。連中を煽てあげ祭りあげる、出版社書店図書館の醜態を。また見よ。ただ売れる作家のみに媚を売る編集者の憐れな姿を。

 商業主義が文学賞をつくったのか、文学賞が商業主義に毒されたのか。前者もあり後者もありだが、羞恥心の欠如はお互い様だ。
 芥川賞直木賞すら、すでに真の文学ファンからは無視され、もしくは馬鹿にされている。賞そのものも、選考委員も、受賞者も、多少脳味噌のまともな人間からは、妄想空間として認識されている。
 なぜなら、ある時期、おそらく昭和三十年代から、商業主義の妖怪に侵蝕され始めたからである。選考委員に対して、受け取るにしろ、受け取らないにしろ、出版社から、袖の下の誘惑があるのは、誰の目からみても明らかだし、明らかな上でのショーとして、いわばブラック・ユーモア的に世間からも、認知されたわけである。
 もちろん、厚顔で強かな妖怪は、そんなこと百も承知なのだが、利に結びつくなら、少々の侮蔑に耐え得る位の根性は持っているのが、妖怪たるゆえんなのでもある。
 SG社など、見え見えの妖怪は、まだ可愛い方なのかも知れない。やっかいなのは、見えない妖怪である。
 とても妖怪の仲間とは思われない、良識ある実質的な出版社でも、実は何よりも売れないからという理由で、優れた文学作品の出版を拒むことがほとんどだ。
 なぜなら、彼らにとって、良識とか実質なんて言葉は、いまや売れるという言葉に等しいからなのだ。
 自費出版専門の出版社ですら、この妖怪ははびこっている。
 筆名を変えてほしい、タイトルを変えてほしい、構成を変えてほしい等の、要求もしくは願望の台詞は、つまるところ妖怪が吐き出している場合が多い。
 はいはいと聞いてばかりいると、そのうち、整形手術で、顔を変えてほしいと言い出すに違いない。 綺麗事を言われても困る。こちらも生活がかかっているのだ。瀬戸際の経営状態でボランティア活動はできない。これが出版社側の言い分なのだが、至極ごもっともなことだ。
 その通り。文学に対する奉仕の精神で、会社をつぶす必要はない。
 その通り。文学には、会社をつぶす特権などない。
 それならば、出版社は速やかに文学の世界からの撤退宣言をすべきなのだ。それをしないで、今日までずるずるきたのは、何故か。その大きなひとつの理由は、即提示することができる。
 要するに、文学という名のまがいものによって、小さくはない商売が成り立つのだ。そうささやく妖怪の声を、聴き分けているからなのだ。賢明にも、もしくはしたたかにも。
 見よ。だから文学という名のまがいものの氾濫を。見よ。だから先生と呼ばれる者の多発を。見よ。だから作文でも、文学と呼ばれる風潮を。
 もちろん残念ながら、物書きの側にこそ、大きな問題がある。物書きの心にこそ、あの妖怪が潜んでいるのだ。
 かつて、文学が娯楽でもあった時代があった。純粋かつ本物の作家でも、詩人でも、文芸評論家でも、文学で飯が食えた。
 映画、テレビ、ビデオ、パソコンの発達によって、文学を娯楽として求める者は激減した。エロ物チャンバラ物スリラー物オカルト物等、文学作品ではなく文章作品を娯楽とする者は少なからず残ってはいるが。
 かつては、作家として一本立ちするということは、作家として生活することを意味した。文学者として屹立するということは、出版社が一目も二目も置かざるを得ないに等しかった。
 それは古き良き時代であったのか。そうではない。ただ、文学の本質を解っていなかっただけなのだ。
 文学的自立とは、生活や権威とはまったく無関係であって、あくまでも作品で云々されなければならない。そんな、今ならば自明の理を、解っていて解らない振りをしていたのだ。もちろんそれは、本質的に解っていないことなのだ。
 文学が娯楽や教養や何とかであった時代から、文学が文学でしかない時代になって、出版社はこぞって、文学を見世物化しようとしている。アイドル作家、タレント詩人、ミーハー文芸評論家達は、自分達が、妖怪の目で見、妖怪の声で語り、自分達への賛辞を妖怪の耳で聞いていることに、憐れな程気づいていない。
 そして、売れないということが、今や文学者にとって、当たり前の現象であり、あえて言うなら証明ですらある場合も多くあるということに、情けない程気づいていない。いやしくも純粋かつ本物の文学者は、文学で食うべきではない。そんな言い方に、押しつけがましさを感じる者には、別の言い方を用意してある。 純粋かつ本物の文学者が、文学で食えるわけがない。仮に、食えていたとしたなら、自分の文学の不純性と偽物性を、感知して然るべきであろう。
 空想と現実。過去と現在。曖昧と認識。愚鈍と明晰。
文学の本質の認識者たる文学者は、食うための手段は他に委ねている。フリーターやヒモは例外である。教職者や学生も一応。文学関連の仕事も駄目。なぜなら認識の仕方が甘いからである。
 政治家、実業家、宗教家等も除かなければならない。彼らも多分立派な社会人なのだろうが、さぞ立派な野望もあるのだろうから、雲を掴み霞を食う野望である処の文学に、仮に手を染めても、まず、気紛れであろうから。
 文学の本質の認識者たる文学者は、概ね会社員になっている。知的労働か肉体労働かは別としても。大企業か中小企業かは別としても。
 仕事ができるかできないかは別としても。 大人の女性の場合は概ね、主婦として大切で大変な仕事を担っている。主婦の文学者はきまって、男性以上の認識者である。なぜなら、売ろうなんて助平根性を、デキル主婦は持つ必要がないからである。

 通俗作品でない、真性の文学作品は、同時代の社会を否定し世界を拒絶するものである。それは世界文学の古典が証明している。そのことは現代においても、変わりがない。
 ただ、今まで、社会や世界の中心人物や、認識人物体感人物によって、創作されたことが、極めて少なかった。
 つまり、文学は、社会人経験の浅い売文の徒、もしくは知識人という名の閑人、あるいは財産家のディレッタント、坊主、クリスチャン、何々主義者、フーテン、愛人、病人達によって主に創られてきた。
 そして、文学愛好者と擁護者によって、そのいわば小児病的文学が、か細く続いてきたのだ。だから否定も拒絶も、 ヒッピー族、 ラディカル派、文化人グループ並がせいぜいで、毒にも薬にもなりはしない。
 もっとも、毒になりこそすれ薬には決してならないのが、文学の本質だなんてことも、理解できない連中なのだ。傍観者の場所から社会と世界を眺め、自分は傷つくことなく、矛盾と不条理を実感することなく創作し続けて、いったい何年になるというのだろう。
 文学の鬼とか、文学の神様とか、そんな称号は、いかに文学者が、人間の社会や人間の世界から逃亡し、鬼とか神様とかの次元にはまりこみたがったか、その逃げ口上にも思われ、実に涙ぐましい。
 いずれにしても、未来の文学者は、妖怪を身中から抹殺排除した存在でなければならない。売れる文学者が当然の如く存在しないように、売れない文学者が当然の如く存在するのだ。しかも彼らが、文学オタクの資産家や文化人気取りの政治家に利用翻弄されない為にも、文学者自らがパトロンにならなければならない。だから彼らは、会社員として、あるいは主婦として働くのである。
 既に百年前に、自責の念をこめて漱石がこう言っている。 文学を売るということは、作家の品性と作品の品位が卑しくなりがちだ。自費出版して、同好者に無料で分けるのが一番理想的だ。漱石はいみじくも、妖怪の徘徊を予言していたのだ。
 純粋かつ本物の文学者は、売れないことを恐れてはならない。卑下してはならない。愚痴をこぼしてはならない。常に堂々と毅然としていればよい。作品が売れないのは、まさしくそれが文学であるからだ。あるいは、いんちきな駄菓子であるからだが、純粋かつ本物の文学者は、万一作品が売れてしまったとき、自作がいんちきな駄菓子であると自覚し、大いに赤面し、自作を抹殺したくなるであろう。

 一個の妖怪が文学界を徘徊している。
 すなわち商業主義の妖怪である。純粋かつ本物の、万国の文学者は、そして、出版社も書店も図書館も、一致団結して、神聖同盟を結ばなければならない。 すなわち、文学者は定職を持ち、売文をしてはならない。すなわち出版社は、文学から手を引くこと。すなわち、書店は、文学を扱わぬこと。すなわち、図書館は、文学以外を扱わぬことだ。
 もし文学をこよなく愛す者なら、そして妖怪はもちろん、文学ゴロやオタクや駄菓子等を憎む者なら、彼は、文学党員である。
 文学党員は、その見解意図を隠蔽することを恥とする。彼らは公然として宣言する。彼らの目的は、一切従来の、社会における、及び個人における文学的情況を、暴力的にというよりも、厳かな津波的に転覆することによってのみ達せられる。
 妖怪をして文学革命の前に戦慄せしめよ。文学党は、自分の鎖よりほかに失うべき何ものももたない。そして彼らは、獲得すべき全宇宙をもっている。



トップページへ戻る